IMG_3723

先日、ここ茅ヶ崎にも春の嵐が到来! オンショアの波間に浮かぶ江ノ島
瞬間風速23mの風に巻き込まれ飛んでくる砂、砂、砂
砂の嵐で防砂柵も埋まる勢いスッゴォ~ こんな日はもちろん海遊びはクローズ!!
目まぐるしく変わる春の気候は、冬の冷たい空気の名残り。

おはようございます! 丸安毛糸の福田です。

さて、今回のお話はいたってシンプルにミラノリブとスムース編みについて
アドバイスしますね。

目次

  • 目次1ミラノリブ、実はゴム編みにヒントが・・・
  • 目次2スムース編み(ダブル・リブ)のメリットとは・・・
  • まとめ

今回の素材ジェラードハイツイスト1/28(コットン63%ナイロン37%)
カジュアルでラフになりがちなストレッチ素材ですが、ちょっとひと工夫するだけで、
アーバン都会的で洗練されたイメージに!

IMG_3735

ミラノリブ、実はゴム編みにヒントが・・・

ミラノリブの編成はゴム編み+前後天竺袋編みを重ねあわせたもの
各コースとも同じ糸本数で編成するのが普通ですが
それだと編地がちょっと、のっぺり薄かったり、単調な表情になりがちですが
糸本数をただ増やしただけだと、全体がぼってり厚ぼったくなりがちです。

実はゴム編みのところにポイントがあるのです!

IMG_3732

画像の右側が1本取りで編み上げたミラノリブ
そして左側がゴム編み部分のみ2本取りしたミラノリブ
違いがおわかりだろうか?ゴム目がはじけんばかりに膨らみ
それでいて天竺目は控えめでありながら、素材の特徴を引き出し
むっちりニットらしいシャープで引き締まったテキスタイルになります。

間違って天竺目に増し糸をすると、ただ厚みを増しのっぺりするだけなので注意!

スムース編み(ダブル・リブ)のメリットとは・・・

とてもシンプルなゴム編みですが、総針りで編成すると編み目が割れたり
編み筋が入ったりと、特に春素材は悩ましい編み方のひとつ。
そんな悩ましいゴム編みを解決するのが、Yes! スムース編みなのです。

IMG_3731

まずスムース編みとは(ダブル・リブ)2つのゴム編み(1X1編成)を
奇数針と偶数針を交互に編み上げる。
両面スムース編みとか、インターロック編みとか、色んな言われ方があるのですが
私は、ダブル・リブが一番ふさわしい名称だと思います。

さて、わかりやすい編成図がこちら
編成するのにシングルカム1本の糸口だと1コース編むことになるが
ダブルカムだと2本の糸口を使って半コースになるので効率は通常ゴム編みと同じ。

Skitch __

スムース編みのメリットは、2本の糸口でダブル交互に糸を掛けて編んでいるで
編み目がひきしまり表面もなめらかで、適度に伸縮性を押さえる効果と
弾力性に富んでいるので、通常のゴム編みより安定していること。

まとめ

今回、ご紹介しました2つの共通点
ポイント1.だれないので、スタイリングが保てること。
ポイント2.しっかりしながらも、比較的軽く上がるこ。
ポイント3.都会的でシャープな綺麗めを求めらる方に。

スポーティな印象を与えるスムース編みと、アーバンミラノリブのご紹介でした。

記事を書いた人

福田 吉孝
福田 吉孝

1957年 大阪生まれ。 茅ヶ崎育ち・・・(笑)
ニットとにかかわり40年、そんな過去の経験と、今、を組み合わせ、
編集する楽しさを、皆様にお伝えします。

BLOG TOP