スポンサードリンク

あれだけ賑わっていた茅ヶ崎海岸も、9月に入り静かな夕暮れを迎える。
夏って、あっという間に過ぎ去りますね。
皆様は熱~い夏を満喫されましたか?

私てきには、7月~9月までが夏、10月からが秋、そんな感じなので、、、
IMG_4204

まだまだ9月に入っても、私にとって夏本番なので、少しやり残した
海遊びをやるには、とてもここちよい季節なんです!

こんにちは~ 福田です。

さて今回は、秋から深秋(しんしゅう)にふさわしい
そんなリアルな季節、コットンをベースにした素材のお話しです。

目次

  • 目次1秋浅し晩夏にふさわしいツイストがきいた素材
  • 目次2深秋にふさわしいソフトであたたかみのある素材
  • まとめ

スポンサードリンク



秋浅し晩夏にふさわしいツイストがきいた素材

9月といっても、幾分か湿度が下がり日陰はここちよくなりましたが
日中の日差しは、まだまだ夏まっさかりですね。

IMG_4211

こんな時期にぴったりなのが、ツイストのきいたコットンストレッチ(Gelato HT)
サラッとした肌ここちが気持ちよく、また適度なストレッチ効果があるので
しっかり度目を詰めて編んで、きれいなシルエットを作ることができる素材

IMG_4219

コットンの暖かみを感じたい方には、こちら(Rich Gelato)がお勧め!
超長綿をベースにし、さらに柔らかい風合い感を引き出すため適度なストレッチを
もたせた素材なので、少し汗ばむこの時期に最適な素材
IMG_4213

 

深秋にふさわしいソフトであたたみのある素材

以前にも紹介しました紡績(スライバー)リリアーン
綿(わた)の状態でリリアーンにしている素材のこと。

通常撚糸を施した糸からリリアーンにするケースが多いのですが
綿の状態だからこそ、ふっくらした綿花に近い風合いになります。
また、さらにストレッチ糸を加えている効果が絶妙なバランスになり

IMG_4207

あるいみ、オータムコットン、ウィンターコットンとも呼んでいいぐらい
カシミヤタッチーなコットン素材

次にコットンカシミヤといえば、定番中の定番ですね。
綿のやわらかな風合いにカシミヤ特有のタッチを感じる素材(Materメーテル)

IMG_4209

天然素材だけで構成されているので
その時の気候や湿度にあう肌ここちがとても良い素材
シリーズにはリリアーン形状もあるので、アウターにも適したコットンカシミヤ

IMG_4212

まとめ

夏と秋のせめぎあい、こんな時期にかかせないのがコットンをベースにした素材
まだまだ熱~い9月のならではの夏を満喫されて下さい。

では。

記事を書いた人

福田 吉孝
福田 吉孝

1957年 大阪生まれ。 茅ヶ崎育ち・・・(笑)
ニットとにかかわり40年、そんな過去の経験と、今、を組み合わせ、
編集する楽しさを、皆様にお伝えします。

スポンサードリンク

BLOG TOP