皆さんこんにちは、丸安毛糸の中谷です。

明日で5月も終わりです。

年齢のせいかもしれませんが、時間の経過があっという間に感じられます。

今回のブログも、店頭にある素敵なニットのご紹介をさせて頂きたいと思います。

その1 ボーダー×透かし柄ニット

SONIA RYKIEL(ソニアリキエル)のニットです。

透かし柄部分に興味をもちました。 (使用している素材は綿ポリエステルです)

どんな編みかたなのか、わからなかったので、工場の方に聞いてみたところ、インターシャ機で編んでいるのでは?というコメントでした。

透かし柄とネイビ色(ボーダ部分も地柄)のバランス良さと、七分袖にすることでカジュアルにならないデザインが気にいりました。

その2 カラフルボーダーニット

Marc Jacobs(マーク ジェイコブス)のニットです。

気に入った理由は、カラフルな色目のボーダー配色です。

よく見ると、綿混素材のミニブークレ糸を使用して、編地に微妙な凹凸感ありボーダーニットに合うと思いました。

また、プリント柄のタックパンツと組みあわせしてますが、花柄のカラフルな色目とうまくコーディネイトされていて参考になりました。

その3 地柄ノースリーブニット

Aqua Girl(アクアガール)のニットです。

ニット全体が写ってない為、わかりずらくすみません。

お店で商品をみましたが、アイレット柄部分とボーダ地柄の組み合わせのバランスがよいニットです。

また、使用している素材が綿ナイロン素材なので、地柄が立体的になり、素材の特性も上手くいかした編地だと思います。

全体のみえる写真でご紹介できないのが残念でした。

まとめ

ブランドの店頭をみていて感じるのは、編地のバリエーションには、まだまだ多くの可能性があると思います。

1本の糸から考えられる編地、どんな糸で(素材や太さや形状など)何ゲージで、何本の糸で、どんな度目で編むのか。

アイデアを巡らせて、ニットだから出来る発見、そして楽しさを皆様へお伝えできればと思います。

それでは次回また。

記事を書いた人

中谷 恒夫
中谷 恒夫

1970年11月30日生まれの いて座
プライベートの時間は 愛犬のクリーム(キャバリア)と一緒に過ごしています

BLOG TOP