こんにちは、佐野です!

 

やっとご紹介できます!

THE ROLLING STONES!!!

タン

 

結成から50年以上、ロックンロールシーンの第一線で活躍する彼等。

“(I Can t Get No)Satisfaction” “brown Sugar” “Start Me Up”などなど、ヒット曲は数知れません!!

今年の東京ドーム公演に行かれた方も多いのではないでしょうか?

僕もばっちり行ってきました!!

 

ちなみに2006年の来日時は、地元ナゴヤドームに行ってきました!

僕の様な若輩者でも、人生で2回もストーンズを生で観れたこと、本当に幸せです。。。

是非まだまだ来てほしいですね!!!

 

さて!!

今回から“ストーンズのメンバーとニットアイテム”について書いていこうと思います!

目指せメンバー全員制覇!!

 

第一弾 ミック・ジャガー!!!

一発目はボーカリスト、ミックについてご紹介したいと思います。

キースと並び、ストーンズ結成時からバンドの顔として大人気のミック・ジャガー。

ライブパフォーマンスがかっこよすぎるんです!!!!

70歳を超えた今でも、当時と変わらずステージを走りまくる、踊りまくる、客席を煽りまくる!!

そして体系もこの50年間変わることなく維持されています。

 

“ロックは若者の音楽”と言われた時代から、その価値観を常にぶち破ってきたストーンズ。

衰えを感じさせないプロの姿勢がまさにロックンロールですよね!!

 

結成当時~60年代のストーンズファッション

さてさてミックジャガー。

他のメンバーを見てもそうですが、結成から間もない1963年~68年ぐらいまでの写真を見ると、“ジャケットの下にロールネックのセーター”というスタイルが多いように感じます。

キースもマッシュルームカットだったりして、このあたりのファッションはビートルズなどからも当時のブーム、もしくは火付け役だったであろうことが見受けられます。

ミックジャガー1

よりミックのイメージが伝わっていただけるように最近のものからチョイスしました。

もうどこからも指摘を受けないように今後はイラストにします!!!笑

 

このミックが着ているセーター。

僕としてはミックには一流の素材で着飾っていてほしい、仮に現代でも同じスタイルをしても十分かっこいいですよ!!というメッセージも込めまして、この素材を提案します!

 

セーブリッチワン 1/13

photo1-2

 

 

photo2-2

 

先日の弊社展示会にて発表された新素材です。

今年大人気でした、セーブリッチ2/16のミドルゲージ対応タイプ。

詳細はスタッフのブログまで(リンク)

混率を見て頂ければわかるかと思いますが、かなり高級な素材です。

この素材を使用し、12Gでジャケットとのコーディネートを想定した、タイトシルエットのセーターを目指してほしいと思います。

再現ポイントとしては、袖つけ部分の仕様です!

60年代のミリタリーセーターなどでもよくみられるディティールとなっておりますので、こういった細部までこだわりたいですね。

そして、数々の写真を見て気づいたのは、ミックはセーターを着る際、いつも袖口のリブを一回折って着用しています。

この着こなしがミックジャガーならではかと思いますので、袖口のリブを少し長めに設定しても面白いかもしれませんね!!!

ジーパンでコーディネートすれば、当時のストーンズファッション完成です!!

 

一見普通のセーターかもしれません。

ですが、ディテールへのこだわり、そして何よりも“ミックジャガーが着ていたセーターの再現”というストーリーが、アイテムの最大の価値になることを祈っています。

 

次回!

オシャレ番長チャーリーワッツ!

ご期待ください!笑

記事を書いた人

佐野 貢士
佐野 貢士

ミリタリーをはじめ、ヴィンテージのセーターとロックンロールが大好きです。
ギター歴10年、編み物歴は5年になります。
このブログでもニットとロックを絡めた内容で書いていきたいと思っています。
宜しくお願いします!

BLOG TOP