スポンサードリンク

 

みなさんこんにちは。

今年リニューアルオープンしました、東京都現代美術館に行ってきました。

少し肌寒い小雨のなか、とことこと歩いていきました。

改装する前から雰囲気がとても好きだったのでご紹介したいと思います。

スポンサードリンク



百年の編み手たち

編み手?!とタイトルを見てニットかと思ったのですが、1990年代から現在までの百年にわたる日本の美術について、独自の創作を展開した作家たちのコレクションを展示されたものでした。

日本の近現代美術史のなかに点在する作品群が3フロアの展示室全体に総覧され、圧巻な展示でした。

 

ただいま、はじめまして

この美術館では約5400店の作品が収蔵されていて3年弱に及ぶ休館中に、約400店の作品があらたに収蔵されたそうです。リニューアルオープンを記念した今回のコレクション展では、その新収蔵作品を中心に紹介されたそうですよ。

さいごに

久しぶりに訪れた東京都現代美術館は、大学生の頃に訪れたときの感覚を思い起こされとても感慨深いものでした。

私の好きな宮島達夫さんの作品も見れて嬉しかったです。

同世代の作家の方々の作品も多く、私も年をとったな〜と感じました。

今回はニットのお話から離れ私的な内容にのブログになってしまいました。

最後まで、読んでいただき、ありがとうございました。

では、また、

 

 

 

記事を書いた人

小林 夏実
小林 夏実

こんにちは
製品部の小林です!
ニットって面白いんだな、と少しでも興味を持ってもらえるようなブログを書きたいと思います。
宜しくお願いします。

スポンサードリンク

BLOG TOP