スポンサードリンク

 

こんにちは。
製品部の額賀です。
21SSのショーは中止だったり、オンラインでの開催の発表が多くありました。
GUCCIは環境の事を考え、年2回のコレクションになるそうです。
様々な転換期を迎えつつあるコレクションですが、これからどうなるのでしょうか?

良い方向に向かうことを望みます。

今回のテーマは直ぐに着れる!今年の秋冬メンズ解説です。

スポンサードリンク



20Pre-Fall-MENS COLLECTION

・DIOR

今回のDIORはShawn Stussyとのコラボです。
賛否両論は大いにありましたが、、、このコレクション、非常に素晴らしかったです!

現在のDiorデザイナーがキムジョーンズ氏であることもあり、驚くコラボではありませんが、アイテムとしては非常に良い雰囲気でした。

東海岸の風を感じるトロピカルな花のグラフィックや、ショーンフォントで描かれたロゴ、DIorアイコンをショーン風にアレンジするなど、Diorらしい、ラグジュアリーなプロダクトに、ショーンの感性を加えた矛盾さが◎。
 

HIPHOPファッションは再解釈され、まだまだ生き残りそうですね!

ニットと話は違いますが、先日発売されたDiorxAIRJORDAN1は定価で22万でSTOCKXでは180万のプレ値です。。。。

・OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH™

今期のOFFWHITEはスタイリングの勉強になります。
TRAVIS SCOTTの影響はまだ消えず、新しいストリート解釈がいまだに続いている印象を感じます。
現在のストリートシーンを最も体現しているのがこのブランドではないでしょうか?

まとめ

次回もコレクションにフォーカスをあてた情報を発信していきます。
紹介した、コレクションの仕様など、弊社まで是非ご相談ください。

(今回の画像は全て、VOGUERUNWAY様よりお借りしています。)

記事を書いた人

額賀 大輔
額賀 大輔

丸安毛糸の額賀です!映画、アート、音楽、中でもアメコミが大好きです!メンズも楽しめるようなニットを発信していきます!

スポンサードリンク

BLOG TOP