スポンサードリンク

みなさん、こんにちは。

コロナ渦によって、マスクは今やエチケットアイテムとしてより身近なものになりましたね。

快適なマスクが続々と登場している中、ニットの会社ならではの、取引先のニッター様から様々なタイプのニットマスクが私たちの元にも届きました。

いくつかご紹介したいと思います。

立体型マスク

サンクミルさんというニッターさんのマスクは、いわゆる立体型で、プリーツの無いタイプです。

編みで立体パターンを表現していてニットならでは、という感じですね。

素材はポリエステル100%で、洗ってみたところすぐに乾きました。マスクの重要な要素ですね。

さらりとした肌触りながら、シーズンレスに使いやすいマスクです。

色はパステルカラーに加えてモノトーンの色味の取り扱いがあるようです。

綿100%のマスク

続いて、ナックさんというニッターさんのものは、上下にリブが付いていて鼻部分を天竺の表目と裏目の特性を生かして立体的に作っている、こちらもニットならではのマスクです。

素材は綿100%で、さらりとしていて春夏向けには過ごしやすくて快適な感じですね。

こちらはナチュラルカラーで取り揃えているようです。

プリーツマスク

最後にプロンティアさんというニッターさんのものは、弊社オリジナル糸のポリエステル65%、綿35%でプルーフプラスクリアという抗菌・防臭効果、撥水、防汚効果のある糸で編んだプリーツマスクです。

こちらはニットの編みではなく、編地を編んだ後にプリーツ加工をしています。

ポリエステル高混率の割には綿のタッチもある肌触りです。プルーフプラスクリアの詳しい情報はリンクをご覧ください。

https://www.knitmag.jp/30622

色はベーシックカラーで揃えています。個人的に白はホイップクリームのようで可愛いと思いました。

まとめ

今回ご紹介したニットマスクは、全て新潟県五泉市のニッターさんたちが生産しています。

上記3社以外にも、技術の詰まったニットマスクを販売しているので、よろしければ下記リンクからご覧いただけます。

http://gosenknit.or.jp/%e3%81%8a%e7%9f%a5%e3%82%89%e3%81%9b/%e6%96%b0%e6%bd%9f%e7%9c%8c%e4%ba%94%e6%b3%89%e5%b8%82%e3%80%80%e4%ba%94%e6%b3%89%e3%83%8b%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%82%af%e8%a3%bd%e4%bd%9c%e4%bc%81%e6%a5%ad%e4%b8%80%e8%a6%a7%ef%bc%88/tう

季節によって求める効果や、ファッション性も変わってくると思いますので、今後も着用してみていろいろと試していこうと思います。

それでは、また。

記事を書いた人

小嶋 真実
小嶋 真実

アパレルの販売をしたのちにニット製品が大好きで右も左もわからない中、ニットについて専門学校で学び直しました。
初心者だったころの気持ちを忘れず、新しい発見を書いていけたら思います!

スポンサードリンク

BLOG TOP