こんにちは。
丸安毛糸の田沢です。

今回は僕の一番大好きなデザイナー
「ANN DEMEULEMEESTER」(アンドゥムルメステール)についてご紹介したいと思います。

ANN DEMEULEMEESTER

1959年ベルギーのコートヤックに生まれます。後に自身の直筆のメッセージで語る事になりますが、

「少女の時代から洋服に興味がありファッション業界に身を置く事が夢だった。」

と語っており、そういった経緯があり、アントワープ王立美術アカデミーに入学し、81年アントワープ王立美術アカデミーを卒業し、85年夫のパトリック・ロビンと共に自身のブランド

「ANN DEMEULEMEESTER」

を立ち上げ、85年、86年にはロンドンの展示会、「ブリティッシュ・デザイナーズ・ショー」にアントワープ卒業生5人と共に合同で作品を出展し、それをマスコミが取材した事で注目を集める様になり、
アントワープのファッションが注目される様になっていきます。
この5名、そしてANNが後に

「アントワープ6」

と呼ばれる存在になります。

因みになぜ個々で呼ばれなかった理由は6人の名前が外国人には難しく覚えにくかったため纏めて
「アントワープ6」
と呼ばれていたようです(笑)

ただ、注目さえ集めたものの、商品化の依頼がそこまで出たわけではなくショー自体もあまり良い結果は生まれなかったみたいです><

 

アントワープでの注目があったためか86年にはロンドンコレクションに参加し、91年からは発表の場をパリへ移します。

91年から2015年までパリコレで活躍し続けているのです!!

しかし残念ながら2013年に自身のブランドのデザイナーを辞任しており、今ではセバスチャン・ムーニエを中心としたデザインチームが手掛けています。

 

デザインについて

素材は基本的にはレザーや布帛が中心なのですが、ニットも数点取り入れています^^
そしてなんと言ってもデザイン性がとても強いアイテムが多く黒や白といった無彩色を基調としたデザインが多く存在します。学生時代にもいくつかパターンを真似てみたのですが・・・・とてつもなく難しかった覚えしかありません。
いくつかニットのコレクションをピックアップします〜

写真 2015-03-04 0 36 33 写真 2015-03-04 0 33 22

 

左の写真は袖のレース模様が特徴的なアシンメトリーのカーディガンですね^^
ここまでがっつりとアシンメトリーにするとはっきりしていてカッコイイですね!!

右の写真は襟の畦が特徴的なニットコートですね^^
畦の使い方がとてもうまい様に感じます。畦の膨らみがとてもよく表現されています!!
素材もうまくこの編地に噛み合っています。
とてもカッコイイです!欲しいです!!(笑)

 

最後に

さてさて如何でしたか?

辞任してしまった事が本当に悲しいです><
でもなんで辞任してしまったんですかね?

僕の予想では、ブランド名だけが先行してしまっているのを嫌っての行動なのでは?
と僕なりに少し考えてます^^
なんかそんな方の様な気がするんですよね!!なんとなく!!

それでは次回もお楽しみに〜

記事を書いた人

丸安毛糸 編集部
丸安毛糸 編集部

アパレル会社・企業向けにセーター用の糸と製品の販売を行っている丸安毛糸株式会社です。
素材セレクトから、製品化に至るまで、トータルでサポート致します。
皆さんと一緒に、皆さんの想いをカタチに致します!

BLOG TOP