DSC_0387

こんにちは。小見ちゃんです。
2月に入り、気温の寒暖差が大きく、私自身もカゼを引いてしまい、2週間ぐらい体調不良が続いています…。
皆さんも、手洗い・うがいなどをしっかりして、健康に過ごしてください。

 

今回は、今年の秋冬用のニット糸でとても評判が良い、お勧めの素材を紹介致します。 

ツイードバルーン

 

ツイードバルーン

 

この素材は、一昨年より無地タイプで販売していました『バルーン』の進化版で、レーヨン原料を先染めして紡績時に混紡した糸で、

編み上げていきますと、ツィード風に見え、そしてバルーン特有の軽さとバルキーさを表現できる素材です。

混率はエクストラファインウール56%、アクリル30%、レーヨン14%で、番手も4タイプ有り、手編み~12GGまでご使用頂けます。
アルマンダjpg

 

アルマンダ

 

アルパカとレーヨンのダブルループのファンシーヤーンで、光沢感とミックス感を兼ね揃えた糸です。
ループ糸による表面変化と、軽さ・ふくらみがニットらしさを表現出来る素材です。 あまり重くしたくない、アウター系のニットには特にお勧めです。
混率はアルパカ38%、ファインウール25%、レーヨン24%、ナイロン13%です。

 

      まとめ

2素材ともサンプルストックを用意しておりますので、ぜひ、今年の秋冬ニットの新作にご活用ください。

記事を書いた人

丸安毛糸 編集部
丸安毛糸 編集部

アパレル会社・企業向けにセーター用の糸と製品の販売を行っている丸安毛糸株式会社です。
素材セレクトから、製品化に至るまで、トータルでサポート致します。
皆さんと一緒に、皆さんの想いをカタチに致します!

BLOG TOP