皆様こんにちは!

畑中です。気がつけばもう11月で今年も残り僅かですね。
年末年始バタバタしまうので大掃除は今年は早めにしようと思う今日この頃です。

さてさて今回は今年トレンドの毛足素材を使ったフロート柄のご紹介です。

Maria(BABYALPACA 52% WOOL 12% NYLON 36%)

Nunakから改名しMariaになりました。
モヘア素材や毛足がある素材が注目されておりますが、こちらはアルパカとメリノウールをブレンドた素材です。
ソフトで、ヘアリーなとても軽く仕上がります。

 

さてさてMariaだけでも素敵なこちらの素材ですが、今回は別素材と引き揃え作成しました。

 

あえて梳毛糸を引き揃えて編むことによってMariaだけでは味わえないタッチ風合いが生まれます。

今回はフロート柄で作成してみました!
糸が渡っている浮いている状態などで、天竺などに比べてより毛足がしっかり出せます。

モヘア素材や毛足ある素材は通常の適番から落とし毛足を出すようにします。
又度目を甘くして毛足を出すようにします。

通常の番手計算で編むと、毛足が全く出ず持ち味の表情が出なかったりするのでご注意下さいませ。

まとめ

如何でしたでしょうか?
フロート柄などニット用語にすると難しく感じますが、クリームソーダのアイスを想像すると分かり易いです。
アイスの様に浮いている状態ですよ。

ではでは今回はこのあたりで失礼させて頂きます

記事を書いた人

丸安毛糸 編集部
丸安毛糸 編集部

アパレル会社・企業向けにセーター用の糸と製品の販売を行っている丸安毛糸株式会社です。
素材セレクトから、製品化に至るまで、トータルでサポート致します。
皆さんと一緒に、皆さんの想いをカタチに致します!

BLOG TOP