スポンサードリンク

皆さん、こんにちは。丸安毛糸の中谷です。

東京は、まだ寒い日が続いていますが、店頭はもちろん、春物ディスプレイがされています。

ニットアイテムを上手にコーディネートされているブランドも数多くあり、見ていて楽しい気分になります。

今回、いくつかのブランドのニットをご紹介したいと思います。

目次

  • 目次1レース使いのニット
  • 目次2フラワーインターシャニット
  • 目次3ラメ糸使いニット
  • まとめ

スポンサードリンク



その1 レース使いのニット

DOLCE&GABBANAのショーウインドーディスプレイです。

以前から、レースとニットを上手に組み合わせた商品を出していますが、

このデザインもレースとニットをバランス良く組み合わせているカーデガンです。

素材は綿素材のゲージは14G〜16Gくらいと、ベーシックなものですが、レース使いの位置やサイズ、またレース自体の繊細さや柄によって、ラグジュアリー感のあるニットに仕上がっています。

また、大柄のプリント花柄のワンピーズと合わせることで、ラグジュアリー感がUPしていて、私は、こういったコーディネイトがとても好きです。

その2  花柄インターシャニット

SONIA RYKIELのショーウインドディスプレイです。

決して珍しいデザインではありませんが、前身頃に鮮やかな色使いの花柄インターシャニットを着ることで、気持ちまで春の気分に変えさせてくれるのではないかと思います。

また、ホワイトデニムと、袖口フリルの配色をさりげなくあわせていることでコーディネイトのバランスも良くみえているように思います。

その3 ラメ糸使いニット

MARCJACOBSのショーウインドディスプレイです。

プリーツニットスカートと同素材でのプルオーバーのコーディネイトです。

ラメ糸を全面に使っているのですが、決して野暮ったく見えないのが、特徴です、

袖丈の長さや、襟ぐりや裾などの配色ラインによる効果なんだと思います。

また、小物使いも上手にされているコーディネイトになっています。

まとめ

今回は3ブランドのニットをご紹介させて頂きましたが、多くのブランドでも素敵なディスプレイが並んでいます。

次回以降のブログでも、素敵なコーディネイトを皆さんにご紹介したいと思いますので、宜しくお願いします。

それでは、次回また。

記事を書いた人

中谷 恒夫
中谷 恒夫

1970年11月30日生まれの いて座
プライベートの時間は 愛犬のクリーム(キャバリア)と一緒に過ごしています

スポンサードリンク

BLOG TOP