スポンサードリンク

みなさんこんにちは、丸安毛糸の中谷です。

今年のお盆休みは、愛犬と鴨川へ一緒に泊りに行ってきました。

大きなドックランもありましたが、いつもとおりマイペースに臭いを嗅いでいるだけでした。

さて、店頭は既に秋物ニットが、各ブランドでディスプレイされています。

その中から、いくつかご紹介します。

スポンサードリンク



その1 スパンコール糸使いニット

BRUNELLO CUCINELLI(ブルネロ クチネリ)のニットです。(モヘア/ウール素材)

私の好きなブランドのひとつです。

独特のネット状に編んでいるものに、わかりずらいですが、スパンコール糸で刺繍を施しています。

ストレートシルエットかつボリューム感あるカーデガンで、袖のラインはややドロップ気味でつくられています。

その2 シャギーニット

aquagirl(アクアガール)のニットです。(キッドモヘア/アクリル/ポリアミド素材)

見た目でウォーム感たっぷりで、冬の季節になればぴったりなニットです。

また、フレアミニスカートとの組み合わせもあっています。

ドルマンスリーブならではの、なだらかなボディラインがフェミニンさを演出しています。

また、長めにしている袖をたくし上げると、袖に立体感が出て、手首が華奢にみえる効果もあります。

その3 ビジュ使いニット

Drawer(ドゥロワー)のニットです。(ウール/カシミヤ/ナイロン素材)

スワロフスキーのクリスタルビーズを使用したニットです。

襟元のビジュ使いが、さりげないデザインアクセントになっていて、ビジュの刺す位置だけで、洗練されたデザインに見えるのはさすがです。

まとめ

今回ご紹介した3つのブランドに共通するのは、目新しさだけを追い続けているのではなく、ちょっとした工夫によって、商品の洗練された表情を作っているんだと思います、

これ以外のブランドでも多くのトレンドを意識した工夫が見れますので、次回以降も皆様にご紹介したいと思います。

それでは、まだ暑さが続く時期ですので体調には注意してください。

次回、また、

記事を書いた人

中谷 恒夫
中谷 恒夫

1970年11月30日生まれの いて座
プライベートの時間は 愛犬のクリーム(キャバリア)と一緒に過ごしています

スポンサードリンク

BLOG TOP