スポンサードリンク

こんにちは、佐野です!

 

今回も編地のご紹介です。

ずっと表現したかった編地が形になりまして、とてもかっこよくできたので是非ご覧ください!

 

目次

  • 今回の編地はコーデュロイ風!
  • その編み方は、、、
  • まとめ

 

スポンサードリンク



今回の編地はコーデュロイ風!

早速ですが、今回の編地はこれです!

 

 

いかがですか!?

見た目の通り、コーデュロイ風の編地です。

コーデュロイのあの縦うねの感じやモールの雰囲気など、あのかっこよさをニットでもどうしても表現してみたくて、やっとここまで完成しました!

使用した素材は綿モールの細番手、シフォンモール1/18と、ポリエステルのストレッチ。

12Gです。

遠目からですと生地のコーデュロイとほぼ同じぐらいまでの見た目にできたかなと思いますが、
両面同じ見た目になっていることと、
ボーダーにしてみたり、2種類の糸を全く違う色にしてみたり、ニットらしくここからもまだまだアレンジできそうです。

 

その編み方は、、、

今回のこの編地、編み組織のベースは2×1リブになってります。

綿モールで2×1リブを編み、針抜きにしている部分にポリエステルのストレッチを編んでいるようなイメージです。

 

リブ組織ですので、ニットならではの横の伸縮ももちろんしっかりと残っています。

コーデュロイらしくジャケットやパンツは想像しやすいかと思いますが、
やはりニットですのでこの編地でプルオーバーにしても絶対かっこいいと思っております。

 

 

まとめ

以上、コーデュロイをニットで再現した編地のご紹介でした!!

めちゃめちゃかっこよく仕上って満足しております。

お客様の商品にピックアップされる日が楽しみです、、、、

 

それではまた次回^^

記事を書いた人

佐野 貢士
佐野 貢士

ミリタリーをはじめ、ヴィンテージのセーターとロックンロールが大好きです。
ギター歴10年、編み物歴は5年になります。
このブログでもニットとロックを絡めた内容で書いていきたいと思っています。
宜しくお願いします!

スポンサードリンク

BLOG TOP