スポンサードリンク

皆さん、こんにちは丸安毛糸の中谷です。

季節もすっかりと秋らしくなり、愛犬との朝散歩も快適です。

今回のブログも、店頭にディスプレイされている素敵なニットをご紹介します。

スポンサードリンク



その1 ツイード調ニット

ドゥロワー(Drawer)のニットです。

イタリア素材を使用した(どのメーカまではわかりませんでした)ツイード調ジャケットです。

4種類の素材を使用している為、柄の見え方が上品にみえます。

また、柄の違うポケットとフリンジ部分がデザインポイントになっているのも、個人的に好きなデザインです。

その2 刺繍使いニット

ドルチェ&ガッパーナ(Dolce&Gabbana)のニットです。

素材は、カシミヤ100%の5Gで編まれています。

前身頃のデザインはインターシャとハンド刺繍が施されています。

刺繍による柄の繊細さや色使いの鮮やかさは、ドルチェ&ガッパーナらしいニットだと思いました。

柄違いの丸首P/Oもありましたが、こちらも素敵なニットでした。

その3 スパンコール糸使いニット

アクアガール(aquagirl)のニットです。

以前、大流行しましたスパンコール糸使いニットですが、このAWから、いくつかのブランドの店頭でもみかけます。

ローゲージの畦編みにスパンコール糸が使われているだけですが、久しぶりに見て、新鮮に感じました。

(使用している素材の詳細が確認出来なかったのが残念です)

まとめ

本格的はAWシーズンに入り、各ブランドのディスプレイには、ニットを絡めたスタイリングが多くみられます。

ニットでしか表現できない、ディティールや表面変化といったものは、見ていて楽しいですし、勉強にもなります。

今後も、皆様にとって参考になる写真を取り、ご紹介を続けていくようにしたいと思います。

それでは、次回また。

記事を書いた人

中谷 恒夫

1970年11月30日生まれの いて座
プライベートの時間は 愛犬のクリーム(キャバリア)と一緒に過ごしています

スポンサードリンク

BLOG TOP