スポンサードリンク

みなさん、こんにちは中谷です。

街はすっかりハロウィンのディスプレイが、あちこちで見られます。

あと2か月で年末と考えると時間の経過が早く驚きます。

 

さて、今回のブログも店頭にディスプレイされている素敵なニットをご紹介します。

スポンサードリンク



その1 アイレット柄×生地使いニット

アクアガール(aquagirl)のニットです。

前身頃/後身頃の素材はアルパカ/ウール/ナイロン素材です。

アイレット柄と布帛生地の透け感の組み合わせが、上品で気に入りました。

その2 ノルディック柄ニット

ドゥロワー(Drawer)のニットです。

素材はウール/カシミヤ30%素材です。

AWトレンドでもあるトラディショナルな雰囲気を、コーディネイトする上でノルディック柄は、適しているように思います。

また、カシミヤ混なので、カジュアルにならず、高級感ある仕上がりでです。

その3 バットウィングスリーブリブニット

マックスアンドコー(MAX&Co)のニットです。

レーヨン/毛/ナイロン/カシミヤ/アンゴラ混素材です。

シンプルなリブ組織のニットですが、デザインポイントは、バットウィングスリーブ仕様です。

バットウィングスリーブとは、ドルマンスリーブより、袖ぐりが深くウエストの上から続いたような袖です。

また、写真だと見ずらいですが、コーデュロイのフレアーミニスカートとのコーディネイトも可愛らしく気に入りました。

まとめ

どのブランドも、ニットを数多くディスプレイされている季節になりました。

よく見てみると、珍しい編み方をしているニットや工夫した仕様のニット等、気になるニットが多くあります。

今後も皆様に、ご紹介したいと思います。

それでは、次回また。

記事を書いた人

中谷 恒夫
中谷 恒夫

1970年11月30日生まれの いて座
プライベートの時間は 愛犬のクリーム(キャバリア)と一緒に過ごしています

スポンサードリンク

BLOG TOP