スポンサードリンク

こんにちは。八木です。梅雨は洗濯物がなかなか乾かなくて困りますよね。

そこで、実際に体験して感動した速乾素材をご紹介したいと思います!

スポンサードリンク



乾きやすい素材と乾きにくい素材

まずは、【ポリエステル】と【綿】と【リネン】乾きが一番早いのはどの素材か分かりますか?

綿

お洗濯をされている方なら分かると思いますが、この中で1番乾きが遅いのは、綿です。

綿は吸水性がよいのですが、速乾性がないため、大量に汗をかく場合は体が冷えてしまうので、選んで着るといいですよ。スポーツ時より睡眠の時やリラックスしたい時など運動量が少ないときに着ると快適だと思います。

リネン

リネンは繊維の構造上、吸水性もあり乾きが早いので、お洗濯も早く乾き、じめじめした時期にはさらっと着ることができます。蒸し暑い日に着たい素材です。

ポリエステル

この中で一番乾きが早いのは、ポリエステルです。ポリエステルは、繊維の中に水が入り込みにくいので、水や汗が編地に触れたときにすぐさま拡散して蒸発してしまいます。

肌に感じるべたつきがなくサラッと着れて、速乾性があるのでスポーツ時などに使いやすい素材になります。

さらに早く乾く素材があります

ポリエステルは速乾性に優れているのですが、これより更に乾きが早い素材があります。

何かというと、“撥水糸”です!

これはポリエステルに限らず、速乾性があります。綿素材でも早く乾いちゃいます。

言われてみれば、納得ですよね。撥水加工をした糸は水を弾くので、繊維の中に水が入るのを防ぎます。生地や編地になると糸と糸の隙間の水だけが残ります。その部分が蒸発するのを待つだけなので、繊維や隙間に残る水分がとても少なく、すぐ乾くということになります。

実際、撥水の効果も見るために水で洗うなどの実験をしたのですが、撥水加工したものは、乾きも更に早くてびっくりしました!

撥水糸のご紹介

何度もこのブログでご紹介していますが、撥水加工した糸はProofPLUS(プルーフプラス)シリーズで取り揃えています。ポリエステルはストレッチありとなし、綿100%、綿ポリエステルがストックカラーで展開しています。その他、別注で違う素材に試すことが可能なので、ご相談いただければと思います。

ProofPLUSシリーズ ストックカラーで5種類展開

1/60 ProofPLUSα(アルファ)・1/30 ProofPLUSβ(ベータ)(ポリエステルフィラメント)

1/60 ProofPLUS stretch(ストレッチ)(ポリエステルストレッチ)

2/68 ProofPLUS organic(オーガニック)(コットン100%)

2/58 ProofPLUS clear(クリア)(綿ポリエステル)

まとめ

速乾性に一番優れている素材は、ポリエステルですが、撥水加工した糸は更に乾きが早いということが分かっていただけたでしょうか。乾きが早いと菌の増殖も抑えられるので、そのような使い道でご使用いただくのも良いかと思います。

もう少しで梅雨も終わりますが、気楽にお洗濯できるのっていいですよね♪ぜひご活用下さい!

記事を書いた人

八木 由紀子
八木 由紀子

こんにちは。
食べること、笑うこと、銭湯、旅、散歩、ものづくり、美容、ヘルシーな生活が好きな八木です!今までテキスタイルデザインをしていたので、素敵なテキスタイルを見るとわくわくします。ニット初心者ですが、これからたくさん勉強して、面白い情報を載せていきたいと思います!!よろしくお願いします♪

スポンサードリンク

BLOG TOP