スポンサードリンク

こんにちは、片野です。

今回はファンシーヤーンの中から『ノットヤーン』についてのお話です。

22-23AW素材に新たにウールノットヤーンが加わりました!

改めてノットヤーンの特徴をご紹介します。

スポンサードリンク

ノットヤーンとは?

間断的に1つまたは2つ以上の玉を作ったファンシーヤーンです。

ノットとは英語で結び目やもつれという意味があります。

ニット糸のノットヤーン花糸を間隔をあけてもつれさせることにより、玉を作っていきます。

※玉は結ばれていません!

部分的にぽこぽこしているところがノットと呼ばれる部分です。

ノットヤーンは裏目がかわいい!

ノットヤーンの天竺編地です。

天竺【表目】
天竺【裏目】

裏目にノットが出やすくなるため、裏目使いがより凹凸が出てノットヤーンの特徴を活かせます。

新素材『シロップシャーノット』

今回新たにウール素材のノットヤーンを作りました。

シロップシャーノット

NM1/4 ウール100%

シロップシャーウールとは英国のダウン種に属した羊毛で、特徴としては弾性に富み、手触りが柔軟です。この弾力のある羊毛糸を使いノットヤーンを作りました。

ふくらみがあり、表情が豊かなノットヤーンです。異素材との交編もおすすめです。

最後に

今回はノットヤーンについてのお話でした。

ノットヤーンは近年ではあまり見ない糸の形状ですが、20〜30年前はとてもポピュラーな糸だったとか。

このレトロな見た目が今では新鮮の感じます。

今後他のファンシーヤーンもご紹介したいと思います。

それではまた。

記事を書いた人

片野 恵土

2017年に新卒で丸安毛糸に入社しました。
毎年イタリアのニット糸総合展『PITTI FILATI』に行っています。世界のニットトレンドを中心にニットの魅力を伝えられたら嬉しいです。好きなコトモノは手芸、北欧デザイン、海外旅行。
最近キャンプを始めました!外で飲むコーヒーは美味しいですね。

スポンサードリンク

BLOG TOP