スポンサードリンク

皆様、こんにちは。
最近光石研さんにハマっております。東京古着日和では、弊社近くのANATOMICA様が紹介されていました!お買い物を楽しんだ後はジョンティ様でアルザス地方料理を楽しむなんておススメです!

東京古着日和では、光石さんのおちゃめな姿が見れて、デザイナー渋井直人を思い出せます。
YOUTUBEで是非!

 

 

R.I.P Virgil

さて、今回の本題は、Virgilの追悼です。
11/28日〈Off-White™️〉の創設者であり〈Louis Vuitton〉のメンズ アーティスティック・ディレクター:ヴァージル・アブロー氏が死去されました。

私たち20代の人間は彼は忘れる事が出来ないデザイナーの1人だと思います。
今日は彼のセンス溢れるPOPなデザインのニットをご紹介していきます。

余談ですが、皆様はこの写真見た事ありますか?
以前よりずっとYe(KanyeWest)のファンな僕ですが、この写真にはいろんな愛が詰め込められています。

Yeとvirgilは20年来の交友関係があり、2009年にはFENDIのインターンを共に経験しています。
(このエピソードは面白いので、クリックして読んでみてください)

 

そんな経験をしている二人だからこそ、彼がヴィトンで行ったショーのラスト、2人がハグをしながら涙を流した事は僕も凄く感動してしまいました。

追悼の意味を込めて行われた先日のヴィトンのショーでは、終盤kanyeのDONDAよりNo child left behindが流るシーンは本当に素晴らしかったです。

VIRGIL ABLOH KNIT STYLE

そんなヴァージルが手掛けるアイテムは彼自身が好きな物、POPでありモードでありストリートのMIXスタイルです。

OFFWHITE時代と、VUITTON時代に分けて説明していきます。

OFF WHITE

この時期より、他メンズブランドよりニットのアイテムが多かったように記憶しています。
ジャガードやインターシャ編みで自身が描くグラフィックを表現する面白さが凄く10代の私には興味が湧くブランドでした。

 

LOUIS VUITTON

LVMHで初のBlack系のデザイナーとして2018年より就任し、彼のショーは毎回驚く仕掛けや遊び心が多くありました。決して気取るだけではない、子供心をくすぐる仕掛けがあるショーは忘れる事は出来ません。

オズの魔法使いやマイケルジャクソン、車が半分地面に突き刺さっている仕掛けや、ヴァーチャルのショー。どれも非常に素晴らしかったです。

 

まとめ

個人的に10代から20代の中で彼のファッションや交友関係を勉強したと言っても過言では無い位非常に影響を受けました。

様々な分野にわたって活躍したvirgil氏は決して忘れられる事は無いデザイナーの一人です。

新しい事を探し続けたvirgil氏のニットは参考になる事が非常に多いですね。これからも勉強していきたいと思います。

(写真は全てこちらからお借りしました)

記事を書いた人

額賀 大輔

丸安毛糸の額賀です!映画、アート、音楽が大好きです。色々な視点から見たファッションカルチャーを発信できるよう日々勉強中です!

スポンサードリンク

BLOG TOP