スポンサードリンク

皆さん、こんにちは。井野です。

夏になると無性に聴きたくなる音楽は人それぞれあるかと思いますが、私にとってはJonas Blueの曲です。学生時代の夏休みに何度もリピートしていたため、夏の思い出に浸るために聴くぐらいです。ロサンゼルスのビーチ横でドライブしながら、彼の代表曲の一つである”Perfect Strangers”を聴いた時は、曲調と雰囲気がマッチして、風に吹かれながらのドライブミュージックは最高に気持ち良かったな~と、いい思い出になっています。そんな彼が、日本のBE:FIRSTとコラボをしたそうですね。日本の音楽シーンはあまり詳しくないのですが、母が好きなために、時々どんなグループか聞いていました。そんな話を母としていたら、私はあのJonas Blueとコラボするんだ!となり、母は、BE:FIRSTが外国人アーティストとコラボするのよ!と、お互い別の視点で話題になり、少しおかしくて笑ってしまった今日この頃です。

本題ですが、前回、前々回の投稿に引き続き、Punto D’oro. 23SSの様子を少しお見せしていきます。

スポンサードリンク

Repeated Pattern Items

ナチュラルでシルエットの綺麗なアイテムが多い中、少しスパイス要素を加えるのに、目を引く柄物のアイテムも試行錯誤して準備しています。

柄物は存在感があり、1枚合わせるだけでもコーディネートが垢抜けたり、華やかに見えて、一見着こなすのが難しく思えても、実際には万能アイテムだったりもしますよね。そんなアイテムも今回は用意すべく準備を進めています!

Model Audition

修正と打合せを重ねて、各色サンプルアップに向けて動いていると同時に、Look撮影に向けたモデルオーディションも実施しました。

モデルさん達の様子をお伝えすることは出来ませんが、新しく活用しているラボスペースで、モデルさん方にサンプルを来てもらった上で思い思いにウォーキングやポージングをしてもらいました。モデルさんの雰囲気と合わせて、実際のLookの仕上がりがどうなるか楽しみにしていて下さい!

まとめ

最初は、柄物はインパクトがありすぎて敬遠してしまうことは少なくないですが、上がりのサンプルを着用してみると想像よりも馴染み、適度に華やかになりました。どんな仕上がりで上がってくるか、我々も今からわくわくしています!

記事を書いた人

井野芙月

アメリカの大学でファッションデザインを学んだ後にニューヨークで働いていました。皆さんとはまた違った、私自身の目線で情報を発信していけたら嬉しいです。

スポンサードリンク

BLOG TOP