スポンサードリンク

皆さん、こんにちは。

怒涛の9月大阪展示会と表参道展示会が終わりまして、

ピックアップ頂いた製品サンプルや素材、編地を集めて

ご来場頂いたお客様の秋冬物の企画前にお送りしております。

製品サンプルで人気だったアイテムや素材、テクニックを

いくつか紹介したいと思います。

ひと昔前と異なり、本気のあったか~い秋冬ニットはプロパー販売時期が短くなり

12月から梅春物を打ち出して、1月のセール時期も売場をセールアイテムだけにせず

プロパー新作商材を常に打ち出して鮮度を保つゾーニングが定着してきており

俗にいう端境期素材をピックアップされるお客様が多く感じました。

16G~18Gの超肌触りの良い、ジャージのようなニット

シームレスで着心地も抜群!長い期間売れそうなアイテムです。

綺麗なカラバリで展開したいです。

シアーなアイテムも春夏限定ではなく、

秋冬素材でも大人気でした。

こちらのカーディガンはアルパカ30%/ポリエステル70%の細番糸で

プリーツ加工やプリント加工もできる優れモノです。

一時の猫も杓子も布帛使いだった時代から、すっかり一息ついたと思いきや

まだまだ根強い人気の異素材布帛使いアイテム。

キレイ目デザインに布帛使いが新定番になっている感がありました。

ツイードをニットで表現したアイテム(主にジャケット)が

多くピックアップされておりました。

カーディガンよりオケージョン寄りに見え、春夏でもニットジャケットが

店頭でも多くみられたので引き続き注目のアイテムです。

とはいえ、やはり必ずと言って良いほどピックアップされていたのは

ラクーンやフォックス関連素材でした。

女性はもはや本能で選んでいる感じ(笑)

ラメが入っていたり、目付を軽くする工夫が施されていたりと

進化し続けている印象でした。

糸値爆上がり、円安進行と条件的に非常に厳しいですが

是非お取組みのご相談、お待ちしております。

まだまだ紹介したいアイテム多数ございますので、

是非両国のオフィスにてプレゼンの機会を頂けるのを

心よりお待ち申し上げます。

記事を書いた人

住吉正明

スポンサードリンク

BLOG TOP