スポンサードリンク

こんにちは!

サッカーカタールW杯に向けて、日本代表招集メンバーが発表されて

いよいよ本番が近づいてきましたね!
ドイツ、コスタリカ、スペインとの予選リーグは日本にとっては本戦出場以降、

最も厳しいと思われる組み合わせですが…

それだけにどうなるのかが非常に楽しみで興味深いです。

悲願のベスト8入りに向けて、まずは予選リーグ通過を期待しております。

…というサッカー談義を両国でしてくれる方、大募集しております!

春夏物の企画、展示会が各社進行しておりまして

次は年明けの盛夏物~晩夏初秋物の展示会に向けて提案が進んでおります。

旧職では秋冬はニット中心、春夏はカットソー中心のMDを組んでいたため、

盛夏のニットアイテムで求められるのは羽織一択、キーワードは「冷房除け」で

カットソー×パンツアイテムに合わせる着丈が長いカーディガンか、

ワンピースやフレアスカートなどに合わせる短いカーディガン位しか考えておりませんでした…

前職つながりのアパレル界隈の皆さんとお話しても

「ニットだけしか扱いないんじゃ、春夏はどうしてるの?」

と、業界の人すらこんな風に思っている人がいまだ多数おります。

が、丸安毛糸には

盛夏にこそジャージやカットソーを超えるビジネスの可能性のある、

ニットアイテムの提案が多数ございます。

その中でごくごく一部ではありますがサンプル紹介させていただきます。

例えば、

カットソーには出せない、表面感やシアー感のあるニットTシャツ

極細番手の光沢糸で編んだ

もはやニットに見えないスキッパーニット

こちらも透け感・清涼感、そして光沢感まで兼ね備えた

マルチボーダープルオーバー

ニットならではのアイレットとリブ部分の組み合わせが

トレンド感を加速させる涼しげなメッシュ柄スキッパー

もちろん従来通りのハイゲージカーディガンバリエーション

Tシャツやカットソーだと、夏のコーディネートの差別化がなかなか難しく

どうしてもカジュアル寄りになりがちですが

ニットアイテムならではの表面感、シアー感(トランスペアレント感)

ジャージには出せないカラーリングで個性を出して頂きたい!と思います。

今からでもまだまだ夏物企画の差込みに間に合うご提案ございますので

是非資料のご請求、プレゼンご依頼の程、お待ちしております。

記事を書いた人

住吉正明

スポンサードリンク

BLOG TOP