スポンサードリンク

こんにちは。丸安毛糸の住吉です。

今回はモヘア素材について、「モヘア」自体は良く耳にしたり、身近にあるのですが

一体どんな素材なのか、果たしてモヘアなのか、モヘヤなのか?など疑問に感じたことを調べてみます。

スポンサードリンク

モヘアとは

モヘアとは、トルコのアンゴラ(アンカラ)地方を原産とするアンゴラヤギから採取した毛のことです。
モヘアという単語は、名称の由来はアラビア語の”mukhayyar”(選択)

トルコの言葉で「最高の毛」を意味するそうです。

もともとの原産地であるトルコを筆頭に、南アフリカやアメリカが三大原産国といわれており、

およそ半分くらいのシェアを誇るのが南アフリカ産になります。

生後1年未満のアンゴラヤギから取った毛を「キッドモヘア」、生後3か月~6か月くらいのものは特に

「スーパーキッドモヘア」と呼ばれ、モヘヤ全体量の6分の1程度しか採取できず高値で取引されています。

モヘアの原料となるアンゴラヤギの毛の採取は、春と秋の年2回行われます。毛は1年で20~30cmほど成長し、1頭から採れる毛の量は年間約4~5kgほどです。

ちなみにモヘアかモヘヤかに関しまして、どちらでも正解らしいのですが

家庭用品品質表示法では「モヘア」が正しい表記とされています。


素材の特徴

毛足が長く、絹のようなツヤのある光沢と柔らかな手触りで、ニットをはじめ、スーツ素材などに多用されています。
ウールとの違いとしては、どちらもニットに多用される繊維ですが、ウールにはクリンプと呼ばれる縮れた

繊維の固まりがあり、暖かい空気を含んで保温力を高める効果があります。
一方、モヘアにはクリンプはありませんが、起毛した繊維が含む空気の量はウールよりも多く、さらに高い保温力を発揮します。
また、ウールは繊維の表面がうろこ状になっていますが、モヘアはうろこのない、なめらかな状態になっているため、肌触りが良いところが特徴です。
さらに、モヘアはウールよりも吸湿性が高く、蒸れにくいため、秋冬ニットだけでなく、春夏ニットにも用いられます。

丸安毛糸のモヘア素材

VICTORIA ヴィクトリア

キッドモヘアを使用した、タムタムヤーンと呼ばれる毛足を持たせた素材。

いわずと知れた秋冬の大人気素材で、USED加工で起毛してさらに毛足を出させる製品の依頼が

来シーズンも多くいただいております。

PLATINA プラチナ

スーパーキッドモヘアを主原料とした毛足の有るタムタムヤーンです。
27番と細番手に仕上げているためハイゲージに対応し、

とても繊細な雰囲気を持ち他の素材との交編もしやすくバリエーションが広がります。

他にもモヘア素材がございますので、素材・製品のお問い合わせを

お待ちしております。

記事の内容やニットに関することは、お気軽にお問い合わせください

アバター画像
住吉正明

お問い合わせ

記事を書いた人

20数年のアパレル経験を生かした、特にレディースアパレルの皆さまに
喜んでいただけるようなサンプル製作に日々励んでおります。

BLOG TOP

スポンサードリンク