スポンサードリンク

こんにちは~。織田で~す(^^)/

今日で3月も終りですね~。明日からは新しい期の始まりということで何か気の引き締まる思いがします!
そして私達の会社にも2名の新人さんが入社します。(かなり緊張するんだろうな~(^_^;))

皆さんの会社は如何ですか~?

 

では本題に入りたいと思います。

今回も前回、前々回に引き続き、イタリアはフィレンツェでおこなわれた世界最大級のヤーン展PITTI FILATIのパートⅢをお届けしたいと思います。

前回はこんな感じ>>>https://www.knitmag.jp/5134

 

 

スポンサードリンク



今回の注目点はコードヤーン、テープヤーンなどのファンシーヤーンです。

イメージとしては「装飾的なファンシーヤーンでカジュアル&フォーマル感」を再現しています。
IMG_1134

コットンリリヤーンを絣染めにして使用しています。

IMG_1135

 

同系色のファンシーヤーンを幾つも用いて豊かは表現を表しています。色違いの綿コードが全体を落ち着いた雰囲気にしています。

IMG_1132IMG_1133

 

スパークナイロンのリリヤーンで光沢と凹凸感を出しています。ソフトで軽い仕上がりでした。

IMG_1184IMG_1185

麻のコードヤーンに綿のコイル風ヤーンを使用して裾にはラフィットヤーンを絡めています。又、プリントでダメージ効果を醸し出しています。

IMG_1290

 

レーヨンのテープヤーンをゴールドに染めてゴージャス感を演出しています。

IMG_1385IMG_1386

 

 

まとめ

コードヤーンやテープヤーンも今までとは少し違った使い方をしてみるとアート的なカジュアルにもゴージャスなフォーマルにも色々な表現を出す事が出来ますよね~!
Love Knitな人達にかかると魔法の様に色々と変化してニットって本当に面白いと思いました。

ではまた~!

記事を書いた人

織田 博史
織田 博史

皆さんがワクワクしながら楽しいニットを作れる様、日々素材開発をしている
ヤーンイマジネイターの織田と申します。
皆さんと一緒に常に新し事にチャレンジしながら数多くのヒット商品が生まれる様にお手伝いをしたいと思っております!(^^)!
素材の事なら何なりとお申し付け下さい
PS. 趣味は大自然と戯れるGolfです。

スポンサードリンク

BLOG TOP