スポンサードリンク

DSC_0398

こんにちは。 小見ちゃんです。
ゴールデンウィークも明けて、春本番に突入しています今日この頃、例年通りに今年もプランターに野菜の作付けが終わり、実りの夏を楽しみにしています。
今年は、昨年に植えたメロンが盗難に会った為、ナスときゅうりにしてみました(笑)

さて、今回は梳毛にて作りました、最近ではめずらしいネップ糸を紹介いたしま~す。
特にトライスピン機で作ったブークレーネップは、軽くてソフトな糸なので、小物用のニットにはとても適した素材です。

 

パフネップ

パフネップ (AC48% W31% NY20% PE1% ネップ)

当社で長く取り扱っております、パフというストックサービス素材が有りますが、このパフのネップバージョンです。アクリルを混紡したことにより、素材の表現力が高くなり、色もより濃く出せるようにと、あえて、紡績ファンシー機で作りました。

小物ニットなどに最適な素材ですので、前回の丸安展では、ノベルティー用に作った帽子の商品に使用させていただきましたので、覚えていてくださる方も多いかと思います。

 

 

他にストレート糸使いのネップ糸もお勧めします。

サプルNep

サネルネップ  (AC60% W38% PE2% ネップ)

今ではとても貴重な梳毛紡のネップ入りの糸です。 アクリルを混紡して2/52の番手に仕上げたことにより、メランジー調、杢調の色の表現も出来、薄手のストールなどにもご使用いただけます素材です。

 

 

 

ラミークランチ

ラミークランチ (AC68% 麻30% PE2% ネップ)

こちらの素材は春夏向けの梳毛紡のネップ糸で、ハイゲージの今流行りのコーディガンなどに最適な素材です。
これからの晩夏、初秋には麻の特性のサラ感・光沢感などをネップと合わせて表現出来ます素材です。

 

今年もニット製品が昨年に引き続きトレンドとして大変重要な存在で有りますので、皆さん、素材を吟味して、独自化した商品に向けて、是非是非ご検討ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちわ

記事を書いた人

丸安毛糸 編集部
丸安毛糸 編集部

アパレル会社・企業向けにセーター用の糸と製品の販売を行っている丸安毛糸株式会社です。
素材セレクトから、製品化に至るまで、トータルでサポート致します。
皆さんと一緒に、皆さんの想いをカタチに致します!

スポンサードリンク

BLOG TOP