スポンサードリンク

!cid_4A7126E1-9413-44B9-A4E9-123EE8D89DBB

みなさんこんにちは。

最近、いつも何気なく指示していた2×1リブが、間違って工場から上がってきてしまったことがありました。

確認したところ、工場さん曰く2×1リブには2種類あるとのことで、2×2リブとはまた違った編地になっていました。

確かに、見た目は表2目、裏1目に見えるのですが、裏1目がブタ目のように見え、表は総針のような表情になっていました・・・。

後でご紹介しますが、2×1リブと2×2リブの見え方はあまり大差ありません。

認識の違いは仕方ないですが、裾や袖口、衿のリブは様々なものがあり、製品の表情を決めるといっても過言ではないな、と思いましたので、今回付属を集めてみたいと思います!

 

目次
  • ニットの裾に注目!
  • まずは基本!1×1リブ
  • 2×2リブと2×1リブの違いとは?
  • まっすぐが好きなら袋編み
  • 編み出し利用
  • スカラップ・ピコット
  • まとめ

 

 

スポンサードリンク



ニットの裾に注目

何気なく着ているニットのセーター。

裾や袖口に注目してみると、いろんなデザインがあります。

きゅっと細くなっているものもあれば、そうでないものもあります。

裾のデザインは全体のシルエットにも影響する、ニットの大事な要素なんです!

言うなれば、縁の下の力もちのような存在!

 

今回は、基本的な4つのデザインと、その特徴をご紹介します。

 

 まずは基本!1×1リブ

!cid_9C2A8477-4427-476D-8281-3B4AE8DC93F7

裾を思い浮かべる時、このデザインが出てくるひとは多いと思います。

左右に伸縮性があり、裾や袖口をきゅっと細くしてくれます。

だらーんとせず止まってくれるので、ニットならではの丸みのあるシルエットをつくることができます。

 

オーソドックスなニットを作りたいときにおすすめです。

また、やわらかく縦に出る線も細いので、すっきりとしたデザインにも合いそうです!

 

 2×2リブと2×1リブの違いとは?

!cid_F03CDFE3-3948-45F6-9FBF-9308E0B696D8

!cid_9D1DC50B-47E4-444F-B27B-A672913B521B

続いて紹介するのは、2×2リブと2×1リブ。

上が2×2リブで下が2×1リブです。

 

最初に紹介したように、見た目はあまり変わらないんです!

しかし、よーーーーーーく見てみると…

 

!cid_BAE0CAC4-590E-43D8-A5C5-28B43EFDED3B

!cid_A9A4DD35-2119-4140-8C7F-93EE565A1F77

 

 

上に続く編地に注目です!

2目の縦線の間にある目数が違うんです!!

 

そして、特徴にも違いがあります。

実は、2×2リブのほうが左右の伸縮が弱く、2×1リブは強いとされています。

2×2リブにしてみたら、思っていたより締まらなかった、

という経験がある方もいるのではないでしょうか。

針立てで解説しますと、2×1リブは前ベットと後ろベットが半ピッチずれて編まれるため、2×1リブの「1」は総針の針立てになり、2×2リブよりも糸の渡りが短くなるため、2×1リブの方が伸縮が強くなる理屈になります。
少しマニアックでしたでしょうか。。。

下は2×2リブです。後ろベットと前ベットが平行に並んでいる配置で①⇒②を繰り返すため、糸の渡りが長くなっていますね。

 

見た目は、どちらも1×1リブより縦の畝が太くなるので、

厚手のニットやメンズニット、ケーブル柄などの時は2×2リブや2×1リブに

してみても良いかもしれませんね!

 

まっすぐが好きなら袋編み

!cid_E7525F12-335E-48CC-BCA0-107A4ADE968A

 

袋編みの特徴はなんと言っても縮まらないことです。

プルオーバーに使うと、Tシャツに近いシルエットに

カーディガンに使うと、ジャケットに近いシルエットにすることが可能です。

トップスに限らず、スカートやパンツの裾にも使えそうですね!

私も学生時代に作成したニット製品は、ジャケットなどを袋編みにして作成しました。

 

編み出し利用

編み出しをそのまま利用するやり方もあります。

ワイドリブの編み出し
正確には、最小コースで1×1リブを入れて、ワイドリブがそのまま編み出されているように見せるやり方です。
最小の丈分の1×1リブは、遠目からみるとあまり目立たないので、附属を目立たせたくない場合に有効です。

他、伏目から編み出す方法はきりっぱなし感が出て、フリル感もありカジュアルな雰囲気になります。編み出しを落ち着かせたい場合は最小コース1×1リブを入れるやり方をおススメします。

 

ミラノリブやスムース編みの編み出し
ミラノリブやスムース編みはグランドにも使用されますが、編み出しを使用することが出来ます。
組織として、伸縮が少なくしっかりした厚みもあるので、ジャケットなどに向いています。

 

スカラップ・ピコット

番外編ですが、このようなデザインモノもあります。

かわいらしいテイストになりますが、ニット特有なので、高級感があるようにも思えます。

機械編み、手編み、それぞれ出来ることがあります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ニット製品を作って、何かが違うと思ったら、それは裾のデザインが影響しているのかもしれません。

目指すニットつくりに活用頂ければと思います。

それでは、また。

記事を書いた人

小嶋 真実
小嶋 真実

アパレルの販売をしたのちにニット製品が大好きで右も左もわからない中、ニットについて専門学校で学び直しました。
初心者だったころの気持ちを忘れず、新しい発見を書いていけたら思います!

スポンサードリンク

BLOG TOP