皆さんこんにちは!

寒い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか。

私は年明け早々、姪っ子が産まれてお祝いムード、明るく2020年がスタートしました。

姉が好きなブランドのロンパースをプレゼントして、早速着てもらいました。

写真をもらってとっても可愛かったです。

さて、今回のブログはヴェルート、という素材で作った製品のご紹介です。

Velluto(ヴェルート)

番手:1/18(適正ゲージ12G1P)

混率:レーヨン65%ナイロン35%(ラッセルモール)

ラッセル撚糸機を用いて花糸に極細ブライトレーヨン長繊維を使用して肌にやさしくレーヨンの特長で有る、シルクのような高級感の溢れる光沢、密度を通常の倍近く多くしたことにより、ベルベット感を織物のように表現出来るように作った素材です。

 

 

コートを作ってみました。

編地:12G1PLY ミラノリブ

こちらの素材、ただのミラノリブだと柔らかく、コートに向かない風合い、、、

そこで、ポリエステル100%のアモッサをプレーティングしました。

厚みが出てコートに合った風合いになりました。

前立て、衿ぐりの始末

前立てはまっすぐ突き上げて編み端を使いすっきりと、編み終わりの衿ぐりは天竺袋で始末しました。

ニットならではの始末で布帛とは違った雰囲気に。

 

スナップ釦

釦はコートなので、25mmの少し大きめの釦でしっかりと留められるようにしました。

前を開けた時もおしゃれに見えるように少しデザインものを使ってもよさそうです。

ポケット中袋

こちらのコート、ちゃんとポケットも付いています。

別糸を使ってしっかりさせるか、布帛で補強するとポケットがしっかりさせることが出来て良いですね。

編み出し部分もミラノリブなので、特に付属は付けずにすっきりと仕上げました。

極細で密度がぎっしりと詰まり、高級感のある光沢がとっても上品な仕上がりです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

明るい色で作って、春に着れる羽織があったらいいなぁと思ったり、

もちろんコート以外のアイテムでパンツなども素敵だと思います。

ぜひ、企画の参考にしてみてください。

それでは、また次回~~

記事を書いた人

小林 夏実
小林 夏実

こんにちは
製品部の小林です!
ニットって面白いんだな、と少しでも興味を持ってもらえるようなブログを書きたいと思います。
宜しくお願いします。

BLOG TOP