スポンサードリンク

こんにちは。

突然ですが、英単語 “COLLECT ” と “CORRECT” の違いはなんでしょう?
”  綴り!! ”
はい、正解です。
そして綴りの他に発音や意味も違います。
この綴りも発音も似てる!?両単語は、ニット海外生産工場さんとのやり取りにも出てきます。
日本風にカタカナ表記すると “コレクト? ” のCOLLECT とCORRECT。
(正直、LとR. 発音苦手です…笑)
今回は、この2つの単語をあげたいと思います。

スポンサードリンク



 COLLECT

COLLECT

英語の意味は、”集める” です。
趣味とかで “~を集める” の話題に、名詞形のコレクション ” COLLECTION ” とか
コレクター ” COLLECTOR ” が出てきますね。

では、ニット工場さんとのやり取りにでてくる” COLLECT “の意味は?
→→ 集めるという意味で、運賃を集める・運賃を回収するというような意味で使われます。
FREIGHT  COLLECT : 運賃コレクト
FREIGHT  COLLECT と出てきたら、運賃着払いで荷受人が運賃を払う事を意味しています。
TRADE TERMS の FOB運賃はFREIGHT COLLECT になります。

===  おまけ PREPAID  ===

COLLECT とセットで覚えてしまいましょう。
日頃、”プリペイド” という言葉をよく耳にしませんか?
プリペイドカードなど(先に入金・支払い)で出てきますね。
例)
PRE + PAID  :  先に + 払う
FREIGHT PREPAID  :  運賃プリペイド
FREIGHT PREPAID と出てきたら、運賃前払いで発送人が運賃を払う事を意味しています。
TRADE TERMS の C&F やCIFの運賃はFREIGHT PREPAID になります。

” FREIGHT COLLECT “や” FREIGHT PREPAID “は、
AWB やB/Lにも記載されていますので、ここでも契約通りに出荷されているかどうかをチェック出来ますね。

CORRCET

こちらのカタカナ表記 “コレクト? “の意味は?
COLLECTとは、 “RR” と”LL”の部分の発音が違い、さらに意味も違います。
英語の意味は、”正しい “とか “正確な” など。
貨物の正しいAWB番号が欲しいときなどに出てきます。
また、スポーツの審判が ” 訂正 “の意味で ” CORRECTION ” と言う場面がありますね。
例)
CORRECT AWB NO.  正確なAWB番号
CORRECT STYLE NO.   正確な品番
輸出者から送られたB/L NO. やAWB NO.  がどうやら違っていて、
正しいNO.を知りたいときなどのやり取りにこの単語を使うことがあります。

===  おまけ 1 ( WRONG 違う)===

B/L NO. やAWB NO. が違い、正しいNO. が欲しい時のやり取りに、
” 違う ” とか ” 誤った” というニュアンスの形容詞 “WRONG” が使われることがあります。
WRONG AWB NO.      間違ったAWB 番号
※ 電話で、You have the wrong number. とでてきたら、
かけた電話番号が違っていますよ。の意味になりますね。

===  おまけ 2 ( RIGHT 正しい)===

” RIGHT ”
You are right.    (あなたが言っていること)その通り。
ここで出てくる ” right ” は左右の右の意味ではないですね。

おわりに

綴りを間違えても前後の文意から判断できるので大きな支障はないと思います。
似た単語・類語や反対語、そして契約書にでてくる単語から語彙力を広げる事が出来るな。
と改めて感じました。

では、また。

記事を書いた人

前田 みちえ
前田 みちえ

事務の前田です。
”ニット” をキーワードにデスクワーク目線から
感じたことを綴っていきたいと思います。
宜しくお願いします。

スポンサードリンク

BLOG TOP