スポンサードリンク

こんにちは、佐野です!

 

お蔭さまで好評?を頂いておりますストーンズブログも3回目を迎えました。

 

これまでの記事はこちらです。

是非読んでみてください^^

ザ・ローリングストーンズ!!“ミックジャガーにみる60年代のロールネックセーター”

ザ・ローリングストーンズ!!“チャーリーワッツから発見!英国羊毛セーターをより男らしく”

 

 

今回はこの人!

スポンサードリンク



第三弾 ロニー・ウッド!!!

 ロニーウッド

キースリチャーズと同じ、ストーンズのギタリスト!

ストラトやレスポールスペシャル、そしてゼマティスのギターをいつも楽しそうに演奏するロニーが僕は大好きです!

そう、ステージ上の彼はどのメンバーよりも楽しそうなんです。

ファンからすればこれも最高の魅力ですよね!!!

 

才能あふれすぎです。

ストーンズのメンバーってホントすごいです。

特にこのロニー・ウッド。

もしかしたら彼が一番マルチな才能の持ち主ではないでしょうか。

彼はミュージシャンという本業の他、なんと画家でもあるんです!

この作品がまたかっこいいこと!!!

特に自身も含めた、ストーンズメンバーを描いた多くの作品は圧倒的すぎです。。。

是非検索してみてください^^

 

ロニー・ウッドのファッション

前回、チャーリーワッツについての記事にて、ストーンズはみんなそれぞれ違う趣味嗜好が表れていると書きました。

このロニーウッドのファッションもまた、個性的です。

簡単に言えば、所謂“ロック”を想像しやすいファッションかもれません。

ピチピチのTシャツにブーツカットのジーパン。

缶バッチまみれのライダース。

そしてロン毛。

最近では、Tシャツも真っ赤だったり、ライダースも黄色だったり、原色系の色使いをしたファッションも目につきますね!

 

さて今回は、彼の定番アイテムでもある、ライダースをニットで表現してみましたのでご紹介します!

かっこよく仕上がりました!!

写真はこちら!

IMG_3845

いかがでしょうか?^^

パターンはしっかりライダース、そして細かな仕様をニットならではの技法でアレンジしています。

そして素材は前回も使用した英国羊毛。

このニットライダースを表現するポイントはこんな感じです。

・ミドルゲージクラスの糸で度詰を意識してがっつり編地を組む

・アウターとしてのボリュームを表現できる、片畦などの肉感のある編地がオススメ

・裾にリブ+タックの部分を用いることで、横の伸びを抑えます

・片畦を成型で編み立てることで、ファスナー脇部分のディテールにニットらしさが生まれます

ざっとですが、こんな感じでしょうか。

 

また、同じ素材でも使い方一つで顔がはっきり変わるのは、やっぱりニットのおもしろいところですね。

参考までに、前回のチャーリーで使用した編地と比べてみてください。

 

・前回の異素材との引き揃え天竺

ブリティッシュツイード2

・今回のがっつり度詰片畦

IMG_3846

 

こんな感じです。

 

以上、いかがでしたでしょうか?

ニットのアウター、最近もまた増えてきていますね。

ライダースにチャレンジされる方、是非ロニー・ウッドの画像を見ながら、上のポイントをおさえてデザインしてみてください!!

 

 

次回、シリーズ最終回!

お待ちかねのキースリチャーズです!!!!

 

それでは^^

記事を書いた人

佐野 貢士
佐野 貢士

ミリタリーをはじめ、ヴィンテージのセーターとロックンロールが大好きです。
ギター歴10年、編み物歴は5年になります。
このブログでもニットとロックを絡めた内容で書いていきたいと思っています。
宜しくお願いします!

スポンサードリンク

BLOG TOP