スポンサードリンク

こんにちは、片野です。

この時期は来AWの新素材の発表が世界中の見本市で開催されますが、21-22AWは、新型コロナウィルスの影響により、多くの見本市がフィジカルでの開催の中止を発表しています。代わりにオンライン見本市の開催が増えました。

今回はニット糸のオンライン見本市に注目してみたいと思います。

スポンサードリンク

PITTI FILATI (ピッティ・フィラーティ)

イタリア・フィレンツェで行われるニット糸がメインの国際見本市です。ニット糸専門の見本市の中では世界最大級です。

私も毎シーズン行かせていただいている見本市なので、今回は実際にフィレンツェの会場で素材を見られず少し残念です。

今年7月に行われる予定だった展示会は中止をして、新しくデジタル展示会【PITTI CONNECT】を開催。

PITTI CONNECT (PITTI FILATI)サイト

現在世界各国 約40社の紡績メーカー、撚糸メーカーがこのオンライン展示会に出展中です。

PITTI FILATIのひとつの醍醐味である『リサーチエリア』もPITTI CONNECTで閲覧可能です。オンライン上のリサーチエリアでも2021-22AWのトレンドテーマ、編み地、カラー情報を見ることができます。

PITTI FILATIを主催するイタリアでは、デジタルプロジェクトを推進するイタリア貿易振興会の後押しもあり、デジタル化が加速しています。今後デジタルコンテンツもさらなる拡大に期待が高まります。

PREMIERE VISION (プルミエール・ヴィジョン)

フランス・パリで開催される世界最大のファッション素材見本市。ニット糸だけではなく、布帛やジャージ生地など素材全般が見られる見本市です。

2018年よりリアルの展示会と並行して行っていたオンライン見本、『PREMIERE VISION MARKETPLACE』を強化することを発表。

PREMIERE VISION MARKETPLACE サイト

2万点以上の閲覧可能な素材などの情報、トレンドやシーズンの傾向が更新されていく予定です。1500社以上の素材メーカーの素材がオンライン上で見ることができます。

サンプルのオンラインオーダーもこのデジタル見本市でできるように、発展していく予定です。

最後に

国際的な見本市の開催ができない中で、デジタルでの開催が多く採用されています。

実際に糸や編地を見れなかったり、会場そのものの雰囲気が味わえない物足りなさもありますが、デジタルだからこそある便利さや手軽さがあると思います。

フィジカルとデジタルの良いところを上手く使うことがこれからのキーポイントになりそうです。

それではまた。

記事を書いた人

片野 恵土
片野 恵土

2017年に新卒で丸安毛糸に入社しました。
毎年イタリアのニット糸総合展『PITTI FILATI』に行っています。世界のニットトレンドを中心にニットの魅力を伝えられたら嬉しいです。好きなコトモノは手芸、北欧デザイン、海外旅行。
最近キャンプを始めました!外で飲むコーヒーは美味しいですね。

スポンサードリンク

BLOG TOP