スポンサードリンク

こんにちは、佐野です!

アパレルのお仕事をしていると、サンプルや生地資料、糸や編地、ボタンやファスナーなど、身の回りにたまってしまう瞬間ありますよね。

僕もかなり資料にあふれています、、、

そんな中には、ブランドに合わないことや廃盤になってしまっているけどかっこいいからどうしても捨てられない!っていう資料もありませんか??

僕も思い入れのあるものは勝手にお気に入りボックスとして保管しております。

本日は僕の趣味全開で集めましたお気に入りボックスの中から、あんまり見たことないようなレア資料をちょっとだけご紹介させていただきますね。

レア資料はこちら!カシミヤツイードシリーズ

雑ですが、、これが僕のお気に入りボックスです。

レアでかっこいい資料がたくさん詰まっておりますが、その中からカシミヤのツイード系資料を少しお見せします!

例えばこれ、紡毛のジャズネップ風にひいたカシミヤ高混率の太番です。

こう見えて織り糸向けに作られていたヴィンテージ資料です。

こちらは1/7上がりのカシミヤ100%。

手紡ぎっぽいしぜんなスラブにネップ混。ニット用だったと聞きました。

そして特にお気に入りはこれ!!

カシミヤケンピ!!

ベースもケンピも全てカシミヤ100%

ケンピとは羊の毛の中で、死毛と呼ばれるカピカピで硬くなってしまった毛です。

悪い言い方をすると不良羊毛とも言うそう。

ですが使用用途はあり、織物のツイードとかで見る、とげとげしたかゆいベージュのアレです。

このケンピがあることで抜群の雰囲気が出るんですよね。

どうしても肌に刺さってかゆいので、一般的にはあまり好まれる印象はありませんが、
僕は大好きです。

色々調べたところ、カシミヤ山羊にもケンピは存在する!ということを知り、紡績屋さんに無理を言って古い資料を分けて頂きました。

糸のひねりしか手元にありませんが、なんともかっこいい資料です。

これでどんなアイテムを作っていたんだろう??と想像が広がってしまいます。

まとめ

以上少しだけでしたが、大切に保管しているレア資料の一部をお見せしました!

増える一方で大変ですが楽しく収集しております。

佐野のレア資料だけ見たい!とかありましたらどうぞお気軽にお声がけください。笑

※今回紹介した資料は廃盤、もしくは完全別注対応になります。

ストックはしておりませんのでご了承ください。

それではまた次回。

記事を書いた人

佐野 貢士
佐野 貢士

ミリタリーをはじめ、ヴィンテージのセーターとロックンロールが大好きです。
ギター歴10年、編み物歴は5年になります。
このブログでもニットとロックを絡めた内容で書いていきたいと思っています。
宜しくお願いします!

スポンサードリンク

BLOG TOP