スポンサードリンク

こんにちは。

先日、工場さんやフォワーダーさんとニット製品の船便輸入準備をしていたところ、ボリュームが増してきたのでコンテナ一本貸切ってもよいのでは?という案が出てきました。今回は、コンテナ一本を貸切かどうかを決める際に考慮したい点を挙げたいと思います。

スポンサードリンク

初めに

コンテナ貸切とは FCL(FULL CONTAINER LOAD)とよく呼ばれます。
コンテナ一本貸切って自社貨物のみです。メリットは全ての貨物が自社貨物なので輸入地港でのデバン時間を省けます。
これに対して、コンテナ混載があります。
LCL(LESS THAN CONTAINER LOAD)と呼ばれ、一本のコンテナに複数の荷主の貨物が一緒に搭載されているので港でデバンします。よって貸切に比べ引取に時間がかかります。(船遅延などで港混雑時は大幅にデバン待ちの時間がかかる場合もあります。) 

コンテナを貸切か混載で迷ったら

貨物のボリュームが増えてきたら、コンテナ貸切と他社と混載の場合の運賃見積もりをフォワーダーさんに依頼してみましょう。
一定のボリュームを超えるとコンテナ貸切の方が安くなります。
ここで気を付けたいことは、見積もりの時点で貸切が安いからといって貸切がトータルで安いとは限らない点です。通常、コンテナ混載の見積もりには倉庫でのデバン作業代が含まれていてコンテナ貸切には含まれていないと思います。
コンテナ貸切で自社でデバン出来ない場合、業者に依頼するので別途コストがかかります。
※ 運賃優先でなく納期優先でそれなりにボリュームはあるが貸切程でない場合でもコンテナ貸切の方が早く引き取れるので究極に貸切の選択という方法もあるそうです。

終わりに

貨物の物量が多くコンテナ貸切か混載か微妙な場合は、運賃目線だけでなく納期やデバンも考慮して選択する必要があります。

では、また。

記事を書いた人

前田 みちえ
前田 みちえ

事務の前田です。
”ニット” をキーワードにデスクワーク目線から
感じたことを綴っていきたいと思います。
宜しくお願いします。

スポンサードリンク

BLOG TOP