スポンサードリンク

さて原稿を書いている今、緊急事態宣言が再延長となると菅総理の会見が有りました。

我らアパレル業界に取って非常に危うい毎日が続きますが、皆様如何お過ごしでしょうか?

さて今回はアパレル業界でよく使われるOEM, ODMとはどういう事?それぞれのメリットは?デメリットは?

既にご存知の方も多いと思いますが、改めてご紹介したいと思います。

OEMとは? (ORIGINAL EQUIPMENT MANUFACTURING)

我が業界では最も多い生産形態ではないでしょうか?
依頼者や依頼企業の企画、設計されたものの生産、製造を請け負う企業がOEM企業です。
販売の際は依頼者のブランド名を使用し販売されます。
例えばAPPLE社のIPHONEの生産体系がこれに当て嵌まり、生産を外部OEM企業に委託しています。
製品の企画、設計は元よりスケジュールまで自社で管理しますが生産、製造に関しては全て外部OEM企業に委託しています。納品後はIPHONEとして販売されます。

OEMのメリット

依頼者からすると製品の製造の技術、設備が無くとも自社ブランドを作れます。
生産設備、工場を持つ必要が無く、人件費も抑えられ、生産の増加にも工場を増やす事無く、対応可能です。
また製品企画、販売に専念できるメリットも有ります。

OEMのデメリット

製品技術やノウハウをOEM企業に吸収される。
製品設計、企画がOEM企業に知られる事になりますので、秘密流出は特にコンピュータ、電気業界では良く事件となりますが、アパレル業界では機密保持は常識となっており、守れない企業は淘汰されます。

ODMとは?(ORIGINAL DESIGN MANUFACTURING)

製品の企画、仕様、設計、開発、製造までを請け負うとなります。
どこがOEMと違うのでしょうか?
例えばあなたが○○ブランドというセーターを作ろうと考えたとします。
そのセーターのデザイン、設計、素材、生産を全てODM企業に委託し、納品後にあなたの○○ブランドという名前で店頭で販売する事になります。
その製品の知識が全く無い依頼者でも、自社ブランドでの物作りを可能とする方法です。

ODMのメリット

依頼者としては製品企画開発のノウハウ、生産技術や設備が無くても自社ブランドとして販売できるという事につきます。また商品企画、開発、生産、生産設備に係る人材を抱える必要が有りません。
また多くの人材を割かずに他業種へのブランドへの参入が可能となります。
販売のみに専念できるというメリットが有ります。
OEMにも通じますが発注する数量が増えるほどのコストは安くなります。

ODMのデメリット

依頼企業としては製品設計から製造まで商品生産に関わる全てを外注して委託している事で必然的に製品単価が上がります。
技術や生産能力、ノウハウを持つ事が出来ない為に販売だけの機能になってしまう為に同業他社と同質化し易いという点が有ります。(この点は多くのブランドで表面化している問題です。)

以上がOEM, ODMの特徴、代表的なメリット、デメリットとなります。
皆様は御存知だと思いましたが、改めて分かりやすく書いたつもりです。

弊社ではOEM,ODMだけでなく、素材開発に始まりそれ以上のプラスアルファをお客様にお届け出来る様に、協力工場も豊富に持っております。

ニットに関しましてお困りの際はぜひ弊社にお問い合わせください。

また来る3/23~25日までファッションワールドに出店します。

展示会詳細→ファッションワールド東京 2021
 リード エグジビション ジャパン(株)
 【春展】2021年3月23日(火) ~ 25日(木) 

 東京ビッグサイト

ブースNO.7-28でお待ち申しあげます。

記事を書いた人

中村 同志

初めまして中村です。
永遠の青年を目指し、毎週末ロードバイクで走り回っています!
アパレル業界での長い(長すぎるっ!)経験を活かしたブログになれば良いのですが・・・

スポンサードリンク

BLOG TOP