スポンサードリンク

こんにちは、佐野です。

新しい素材のコレクションも出来、社内はまた新たな編地にかこまれております。

その内の一つで、今回新たにチャレンジした編地がございます。

それは、

無地のダブルジャカード!!

ダブルジャカードで無地ってそれ意味ある?って感じもあるかと思うのですが、素材の組み合わせ次第でおもしろく表現ができるかもしれないと思いつきまして、今回チャレンジしてみました。

作成した編地はこれです!

無地のダブルジャカードという言い方をしておりますが、
“複数の糸を用いてダブルジャカードの組織にし、柄にはしていない”という編み方となっております。

表面には綿ポリエステルの1/10リリヤーンがずっといる状態で、裏側には細番の綿ポリエステルを3本引き揃えたものが表に出てこないようになっている、といった構造です。

表側からみると天竺、裏から見ると接結編み?みたいな見え方かと思います。

今回はこの二つの糸の組み合わせで配色を変えて作成をしてみましたが、
もっと極端に太さの違う糸や、色も含めいろんな組み合わせで楽しめそうです。

裏と表の違いが楽しめるデザインには結構使えるのでは!?とも思っております。

是非色々と企画の参考にして頂けましたら幸いです。

それでは。

記事を書いた人

佐野 貢士
佐野 貢士

ミリタリーをはじめ、ヴィンテージのセーターとロックンロールが大好きです。
ギター歴15年、編み物歴は10年になります。
このブログでもニットとロックを絡めた内容で書いていきたいと思っています。
宜しくお願いします!

スポンサードリンク

BLOG TOP