スポンサードリンク

皆さん、こんにちは。井野です。

12月に入り、いよいよクリスマスを感じる時期ですね。日本では、クリぼっち(クリスマスに一緒に過ごす恋人がいなくてぼっちの意味)という言葉が出来るほど、クリスマスには恋人と過ごすという習慣が根強いですが、アメリカでは、家族皆が家に集まってお祝いをする日といった感じでした。ですので、12月25日には多くのレストランも閉まっていて、母がニューヨークに遊びに来た時、クリスマス当日の夜は、わざわざ日本食レストランのお店に行ったほどです。お店が閉まっていて、皆家で過ごす感じは、日本で言うお正月の雰囲気にに近いですよね。逆にアメリカでは、年越しの方が、カウントダウンのイベントやパーティーをして、わいわい楽しむ感じが強いかもしれないです。

さて、今回はまだまだ寒さの続くこの時期に大活躍しそうなブークレニットを紹介します。

スポンサードリンク

ブークレニットシリーズ / ケーブル柄ニット

こちらは、ブークレの糸を使用したニットで、ボリュームのある割りに軽いのが特徴です。ブークレ(bouclé)とは、フランス語で輪という意味で、表面に糸の輪っかが出来るように加工された糸のことを言います。この加工のおかげで、モコモコとした肌触りが実現し、立体的なケーブル柄により表情を持たせてくれます。

デザインもブークレの特徴を最大限に生かした、ボリュームのあるパフスリーブを採用しています。丸っとしたフォルムは、女性らしさを存分に表現していて、カジュアルなケーブル柄のニットも少し可愛らしい雰囲気で着られて素敵ですね。

色展開もカラフルなベリー色、グリーン色、ターコイズ色があります。これだけキレイな色でインパクトのあるデザインでしたら、1枚着るだけでもコーディネートが映えそうです!シンプルにジーンズに合わせてもいいですし、女性らしいシルエットに合わせて、綺麗目なスカートを着てみても雰囲気がマッチしそうです。

まとめ

今回の商品は、特に21AWコレクションの中でも、カラーやデザインでひときわ目を引く商品でした。こういった印象のある服を持っておくと、1枚着るだけで華やかな印象になるので、ある意味とっても万能だなと思いました。好みのカラーを選んで、日常に遊び心を加える様に、着こなしてみるのも素敵ではないでしょうか?

記事を書いた人

井野芙月

アメリカの大学でファッションデザインを学んだ後にニューヨークで働いていました。皆さんとはまた違った、私自身の目線で情報を発信していけたら嬉しいです。

スポンサードリンク

BLOG TOP