スパイダーマン・ノーウェイホームでMJ着用カーディガンを分析してみた。

寺尾亮太

スポンサードリンク

こんにちは、丸安毛糸の寺尾です。

今回も今回とて映画関連のネタから繋げてニットのことを書いていこうと思います。

余談ですが、この前久々にアクション映画以外を見て(HOUSE OF GUCCI)何か新鮮さを覚えました。

ただそれだけです。笑

 

スポンサードリンク

スパイダーマンの感想

 スパイダーマン・ノーウェイホームが公開されて一ヶ月が経とうとしていますね

公開日の翌日朝イチに観に行ったのでかなり熱量ある人が多く、普段の映画鑑賞時より笑いやリアクションをとる方が多くて楽しかったです。

どうやら新宿のTOHOシネマズとかではコスプレをしている人や、映画終了と共に拍手が湧き起こっていたとも聞きました(スパイダーマンファン凄い、、、!)

感想を多くを語りたいところですが、ネタバレになってしまうのでここには書け無いのがもどかしいです、、!

ネタバレしない範囲の感想では、涙を流してしまうシーンもあり、戦闘のわちゃわちゃ感もあり、まさにアメイジングな映画でした!(そしてゼンデイヤさん(MJ役)が非常に美しい、、、)

 

前置きはここまでにして、2月27日までトイサピエンス東京にて劇中で着用された衣装展示が行われており、そこに展示してあったMJ着用のカーディガンを外観から考えてみて、分析してみたというのが本題です。

下記、MJの衣装を見るのもネタバレという方は注意です!

着用カーディガン

まずは全体感を見てみましよう。

https://theriver.jp/toysapiens-spm-fes-report/?ampからお借りしています

印象的なのが袖丈で、画像から見て分かる通り手首の位置で袖が溜まるようになっています。

肩線がかなり落ちているのでより袖丈が長くみえますね。

左の袖口リブを見てみると、手首に沿うぐらい細い寸法になっているので、右袖では手首で袖が溜まるようになっています。

左右のボーダー配色は、アシンメトリーになっていて可愛らしいですね。

ショーケース越しからなのでハッキリと見えづらいですが、おそらく袖部分は片畦、身頃部分が天竺、前立て部分が総針or1×1リブorスムース編み当たりではないかと予想します。

前立て部分は目立つ場所で、ボタンホールを開ける為にしっかりさせたいので、上記の3つの編みのどれかが適用されることがよくあります。

ボタンに関しては前立て幅がおそらく3cmぐらいありそうで、前立てより少し小さいぐらいに見えるので2cm~2.5cmぐらいのものが使用されていそうです。

(Tシャツにプリントされている彼は一体誰なのでしょうか、、、?)

 

最後に素材感ですが、化繊系の光沢を感じたのでアクリル、ナイロン、ポリエステルあたりが混ざっているのではないかなと予想します。

まとめ

仕事柄このカーディガンがどのような仕様なのか非常に気になり検品をしてみたいです。笑

蛇足ですが、実はゼンデイヤさんと主人公のトムホーランドさんと僕が同世代であることをこの記事を書いている時に知りかなり驚きました。

同世代の人がこのように活躍しているのを見ると自分もより頑張らないとと思えてきます。

 

丸安毛糸株式会社はニットのOEMも承っておりますのでお気軽にご連絡下さい。

記事を書いた人

寺尾亮太

スポンサードリンク

BLOG TOP