TOKYO KNIT

織田 博史

スポンサードリンク

皆さんこんにちは。

3月に入り暖かい日が多くなりましたね。梅の花も咲き桜の蕾も大きくなってきました。

北海道、東北、北陸地方は記録的な大雪で大変なご苦労をされているかと思いますが春到来迄もう少しの辛抱ですね。

では本題です。

私達は先週2月24日(木)~26日(土)迄、渋谷のヒカリエで東京ニットファッション工業組合主催の合同展に出展をしておりました。

スポンサードリンク

TOKYO KNIT総合展2022テーマ

【語りはじめたファクトリー TOKYO KNIT STORY】

「TOKYO KNITの新しい取り組みが始まります。

これまで、日本のニットファッションを支えるファクトリーとして顔を出さない存在だった私たち。
今日からは東京のニットの価値を世界に発信する企業として自らの服づくりに込めた想いを、自らの言葉で語りたいと思います。

一つ一つのファクトリーが大切にしている服づくりへの情熱。
長い時間の中で受け継がれてきた伝統。
上質を究めるための多くのこだわり。新しい挑戦から生まれるイノベーション。

一社一社の言葉が積み重なる先に、私たちの目指す未来がある。

私たちは自分たちのファッションへの想いを自らの言葉で語ることから、新しい物語を編んでいきます。

これからの社会と環境にやさしい服づくりのために私たちに何ができるかを語り合いながら、新しいアクションを起こしていきます。

ニットを愛する多くの人達とつながっていくために。

TOKYO発の世界ブランドになるために。

未来を編んでいく。 TOKYO KNIT」

『curefilo&SANTONI』

私たちはこのTOKYO KNITのテーマのもと「イタドリ」、「ヨモギ」、「柿の葉」のワイルドオーガニックを主成分とした抗酸化機能糸『curefilo』を世界で初めて作る事に成功しました。

そしてこの『curefilo』繊維を用いてイタリア産のシームレスの編み機SANTONIでリカバリーウエアーを提案しました。

『curefilo』繊維

『curefilo』は健康な人の免疫機能の維持をサポートする繊維。
私たちは日常に触れるものから免疫力向上に貢献したいと考えております。

その大きな特徴は【抗酸化作用】です。
免疫は「酸化=老化」によって弱くなってしまいます。『curefilo』繊維に含まれているBANSEIには酸化を軽減させる【抗酸化作用】(=酸化還元)があり、健康な人の免疫機能の維持をサポートします。

BANSEIが含まれた繊維『curefilo』の開発に世界で初めて成功しました。

『curefilo』繊維&『SANTONI』機の説明風景です。↓↓


『SANTONI』機

イタリアのサントーニ社は1919年に靴下編機メーカーとして創立し1988年にロナティ社の傘下に入りシームラインの無いインナー、アウター製品製造用の世界を代表する機械メーカーです。

世界のシームレス編機需要においてサントーニ社はほぼ100%の世界シェアをカバーしておりアンダーウエアー、スポーツウエアー、ビーチウエアー、アウターウエアー、メディカルウエアーのマーケットに進出しております。日本ではそのほとんどがインナーウエアー(肌)の製造です。

私たちはこの『SANTONI』機を用いてファッション、スポーツ、リカバリーウエアーとして活用したいと思っています。

『SANTONI』機で作ったリカバリーウエアーです。↓↓

告知です。

4月6日(水)~8日(金)東京ビックサイト西展示場にて開催されるサスティナブル ファッション EXPOにも『curefilo』+『SANTONI』をパワーアップさせて出展しますので乞うご期待!!

ではまた~。

記事を書いた人

織田 博史

皆さんがワクワクしながら楽しいニットを作れる様、日々素材開発をしている
ヤーンイマジネイターの織田と申します。
皆さんと一緒に常に新し事にチャレンジしながら数多くのヒット商品が生まれる様にお手伝いをしたいと思っております!(^^)!
素材の事なら何なりとお申し付け下さい
PS. 趣味は大自然と戯れるGolfです。

スポンサードリンク

BLOG TOP