スポンサードリンク

IMG_0400

皆さんこんにちは、丸安毛糸の中谷です。

写真は、先日2ヶ月ぶりに出張へ行った時の福建省。

日本より気温も高く、日中は37〜38℃もあり外へ出ると肌がチクチクとする程でした。

そんな福建省でしたが、少し郊外に車を走らせるだけで、

こんな田舎の風景に包まれ、時間がゆっくりと流れているな~と感じられます。

そして、この暑くなる時期になると思い出すのが、もう5年前になりますが、

7月21日が命日の、母との思い出です。

スポンサードリンク



手編みや鉤針が大好きだっった母

手編みや鉤針を編むのが大好きだった母。

簡単にですが母の生い立ちを、話ししたいと思います。

1938年(昭和13年)名古屋で、4人兄妹の長女として生まれました。

戦時中、広島へ原爆が落ちた際は、疎開先だった広島郊外から名古屋へ、

家族と戻っている時だった為、幸いにも被害はなく済んだと、言っていました。

その後、中学生になった頃に、母親(私の祖母)が好きだった影響で

自分や妹の着るものを、手編みや鉤針で編むようになったそうです。

高校を卒業後、好きな手編みや鉤針を生かせる仕事を探して、

勤めたのが名古屋松坂屋でした。

ただ、配属された先が秘書課だった為、母はとても残念だったと、言ってました。

その数年後に、父と出会い結婚したのと同時に辞める事になりました。

(当時は、結婚すると専業主婦になる人が、ほとんどだからと言っており、

母は、仕事を続けたかったんではないかと思いました。)

その後、3人の子供たちを授かり(私は末っ子として生まれ)、

その育児の合間にも、好きだった手編みや鉤針を編んでいたようです。

当時の写真をみると、母が編んだ物を着て、写っているのが多くあります。

写真をみると、母の愛情を、今でも感じる事ができます。

そして、子育ても終わり自分の時間を、自由に過ごせるときになった頃、

残念ながら癌におかされている事が、わかりました。

以降、手術を2度も受けていた頃でも、好きな手編みや鍵針はやめず、

自分の被る帽子などを、ベットの上で編んでいました。

その後、回復の見込みがない事を、母も悟ったのか治療を優先せず、

本人の希望を、できる限り優先した施設に移りました。

週末には、家族と外泊をする事もあり,

その際に毛糸を、買いに行っていた事もありました。

その時、一緒に連れて行った我が家の愛犬を、

とても気にいってくれて、こんな物を鍵針で編んでくれていました。

(耳の毛が長い犬が、ご飯を食べる時に耳が汚れない様に、

着けるスヌードという物です。)

↓  ↓  ↓ IMG_0507

 

もう5年前になりますが、手洗いをする等して、今も大切に毎日使い続けています。

↓  ↓  ↓

IMG_0037

 

どんなに著名なブランドでもなく、母が作ってくれたというだけですが

私には、一生の思い出になるスヌードに、なるんだと思います。

最後に

母が、もし今も生きていたら、77歳=喜寿を迎える歳になります。

母から、直接の言葉は聞けませんが、喜寿になったら着るんだろうな〜という、

手編みのニットを、母の誕生日(10月8日)に、用意してあげようと思います。

それと、今週末には妻と愛犬と一緒に、

命日を偲んで御墓参りにも行ってくるようにしたいです。

今回は、亡くなった母の思い出話しで、少し湿っぽくもなってしまいましたが、

手編みや鍵針の、大好きだった母の事を、皆さまにお話できて良かったです。

それでは次回また。

記事を書いた人

中谷 恒夫
中谷 恒夫

1970年11月30日生まれの いて座
プライベートの時間は 愛犬のクリーム(キャバリア)と一緒に過ごしています

スポンサードリンク

BLOG TOP